希望の出産方法について考える~婦人科情報発信局~

治療の内容

医者

治療の取り組み方

非常に多くの世代の方が東京に住んでいます。東京で仕事が安定し生活への不安が亡くなると、子供を望む方もが多いでしょう。結婚をして、少し経てば、次は子供が欲しいという方もいるでしょう。そして、計画的に子供が授かればいいですが、実際に、子供がすぐに出来ないという事もあります。そういった場合に頼りになるのが、不妊治療です。不妊治療はとても、お金がかかり、大変というイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、他の病気と同じように、治療をすることで、改善することができます。その不妊治療の内容は、それぞれの方によって違いますが、血液検査であったり、尿検査などを行ないます。そして、検査をして治療を行なっていきます。

抑えたいこと

東京で不妊治療を希望されていれるのであれば、実際に病院に行く前に行なっておくといいことがあります。それは、自分の生理周期を知っておくといいでしょう。個人差によって周期が違ってきます。その方法は、毎朝起床時に、横になった状態で、検温をしておくといいでしょう。その際に婦人用の体温計を使うといいでしょう。記録してくれるものもあります。そして、実際に、グラフにしておくと自分の体のリズムがわかりますし、生理周期を知ることができます。そして、グラフにしたものを東京にある、不妊治療を行なっている病院に見せると治療をする際に、役に立ちます。またどこの病院でも、待ち時間が長いので、本などを持参をして、時間を有効にしておくといいでしょう。